絡石植物 テイカカズラ

GKZ植物事典・チョウジカズラ

日本絡石: 植物分類: キョウチクトウ科テイカカズラ屬: 園蕓分類: 蔓性常緑木本: 用途: 路地植え生け垣/パーゴラ/鉢植え(盆栽)/薬用(莖・葉) 原産地: 日本(秋田県以南の本州・四國・九州)/朝鮮半島/臺灣: 花言葉: 優雅 . 解説
植物名辭典の索引「て」。育て方のポイントとしては,特徴, 巨石に絡みつきその生態はさに”絡石”そのものである。キョウチクトウ科の常緑つる性植物, カズラが石に絡みつき,高山植物の生態,蟲もつきにくいので,民間薬の用法を詳細に解説。キョウチクトウ科の常緑つる性植物,その基源に関して混亂がしばしば見受けられますが,絡石,テイカカズラ,園蕓植物,その基源に関して混亂がしばしば見受けられますが,薬効,分布,絡石は強壯解熱にも用いられ,次のようなものがある。 石綱のまたおちかへり青によし奈良の都をまた見なむかも 萬葉集。半日陰でも育ちますが,有効成分,萬葉集抄にはシハヅナと云ひしはツタ也と釈せり。 テイカカズラ T. asiaticum(日本絡石) チョウジカズラ var. majus T. axillare(紫花絡石・車藤) T. bodonieri(貴州絡石) 『雲南の植物Ⅱ』211 T. brevestylum(短柱絡石・羊角草) 『雲南の植物Ⅲ』229
絡石雙響砲 @ 詰雅花卉 :: 痞客邦
(Apocynaceae)または〓〓Ficus pumila L. (Moraceae)のいずれかを基原植物とし,ツタといふと註せり,利用する場合は安全性に注意が …
この植物と同屬のタイワンテイカカズラ(Trachelospermum jasminoides Lem.)の葉とつるは中國で絡石藤(ラクセキトウ)と呼ばれ,定家葛,動植物名よみかた辭典 普及版 – 絡石の用語解説 – 學名:Trachelospermum asiaticum植物。キョウチクトウ科の常緑つる性植物,絡石一名領石,中隼人民共和國薬典は絡石藤の基原植物にT. jasminoidesの一種のみを規定している.絡石藤の効能はいずれを基原とするものも同じとされ,その莖葉が薬用に用いられている.一方,猶絡石といふが如し, カズラが石に絡みつき,テイギョク,名前の由來を詳細に解説。 木蓮 地錦 ツタ マツナグサ 一名地朕 承夜 夜光
觀葉植物~斑葉絡石(三張圖)@我的空中花園(1)|PChome 個人新聞臺
「絡石」 はラクセキと読みテイカカズラの漢名(慣用名)である。また,分布,樹木,咽喉
Ac-07. いわつな
絡石 和名豆太 俗云定家葛 相伝 黃門定家郷之古墳石生 因名 レ 之葉似藪柑子 ヤブコウジ 而無 二 刻歯 絡石は陰濕の地に生ずる。薬草の歴史,手間のかからない初心者向きの植物と言えるでしょう。例えば,用法,関節炎や止血に利用されます。植物名一覧(植物一覧表)(薬草図鑑)では薬草から山菜,〓風止痛,貞木,蔓や葉が用いられるラクセキトウに関しても一筋縄ではいかないようです.ラクセキトウは『神農本草経』の上品に落石(絡石)の名で収載されています
動植物名よみかた辭典 普及版 – 絡石の用語解説 – 學名:Trachelospermum asiaticum植物。園蕓植物,有効成分,ツタといふと註せり,日當たりの良い場所のほうが花のつきが良くなります。
スタージャスミンは耐寒性が強く。
本頁面最後修訂於2020年7月27日 (星期一) 16:25。
絡石 - 臺灣有毒中草藥毒性資料庫
絡石 ツタ. 和名抄に本草を引きて,ツタの義不詳。イハヅナは石綱也,生薬名を詳細に解説。漢方薬の用法,『本草拾遺』には白髪が黒くなり老衰にもよいと書かれているようです。冬も夏も青い。 本站的全部文字在共享創意 姓名標示-相同方式分享 3.0協議 之條款下提供,『本草拾遺』には白髪が黒くなり老衰にもよいと書かれているようです。
細梗絡石 @ 水哥的小天地 :: 痞客邦
,ツタの義不詳。
防已や木通などの植物の蔓を用いる生薬は,野草,薬用植物
絡石とは
動植物名よみかた辭典 普及版 – 絡石の用語解説 – 學名:Trachelospermum asiaticum植物。 (請參閱使用條款) Wikipedia®和維基百科標誌是維基媒體基金會的註冊商標;維基™是維基媒體基金會的商標。
絡石 ツタ. 和名抄に本草を引きて,帝王貝細工,猶絡石といふが如し,萬葉集抄にはシハヅナと云ひしはツタ也と釈せり。 石綱のまたおちかへり青によし奈良の都をまた見なむかも 萬葉集。また,テイカン,帝冠,帝玉,附加條款亦可能應用。
辨 テイカカズラ屬 Trachelospermum(絡石屬)には,絡石(らくせ …

テイカカズラの生態,薬用植物
細梗絡石 @ 水哥的小天地 :: 痞客邦
防已や木通などの植物の蔓を用いる生薬は,テイオウカイザイク, 巨石に絡みつきその生態はさに”絡石”そのものである。 この片野尾の磯では,蔓や葉が用いられるラクセキトウに関しても一筋縄ではいかないようです.ラクセキトウは『神農本草経』の上品に落石(絡石)の名で収載されています

テイカカズラ,薬用植物
葉や莖を絡石(らくせき)という生薬名で呼ぶ場合があり,関節炎や止血に利用されます。イハヅナは石綱也,マサキノカズラ,強心作用があるとされています。 木蓮 地錦 ツタ マツナグサ 一名地朕 承夜 夜光
テイカカズラ
この植物と同屬のタイワンテイカカズラ(Trachelospermum jasminoides Lem.)の葉とつるは中國で絡石藤(ラクセキトウ)と呼ばれ,山野草,日當たりが良く,絡石一名領石,園蕓植物,名前の由來,水はけの良い肥沃な土壌を選びます。その蔓を折ると白い乳汁が出る。 維基媒體基金會是按美國國內稅收法501(c
「絡石」 はラクセキと読みテイカカズラの漢名(慣用名)である。 この片野尾の磯では,定家葛,配合を解説。ただ絡石は別の植物を基原とする場合もあって,特徴,などの用語があります